- from Five Years Party -
 
<< 故郷の味 | main | 冬の日に 記憶の中の 影を追い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.05.29 Wednesday 】 Author : スポンサードリンク
| - | - | - |
誰に判る?
ギャップ
これに私はいつも苛つかせられる。
人は永遠に理解し合えないんだと思ってしまう。
彼女と自分が同じ立ち位置に入れないということを再認識して、更に私は苛つく。
どうすれば人と人は理解し合えるのだろうか。
宇宙に出て、ニュータイプになるのを待つしかないのだろうか。
何百年、待たなければいけないのだろうか。

更に苛つく事が、理解し合えないのに理解し合おうとする自分がいる事だ。
理解し合えないのに、理解し合おうとする。誰かが傷つく。そして、僕は苛つく。
この10年、ずっとそれを繰り返してきた。
それはきっと間違いなんだろう。
でも、僕には何が正しいかなんて判らない。
正しいことなんか、僕は一度もしたことはないし、たぶん見たこともない。

何が正しくて何が悪いなんて、誰に判る?
あまりに一般論に過ぎるこの言葉はきっと当を得ているのだろう。
そんな気がした。


#ギャップ#
【2012.12.04 Tuesday 13:51】 Author : McStay
| McStay | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.05.29 Wednesday 13:51】 Author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fiveyears.jugem.cc/trackback/1626
トラックバック