- from Five Years Party -
 
<< 長いお付き合い | main | 選ばれし者の恍惚と不安二つ我にあり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.05.29 Wednesday 】 Author : スポンサードリンク
| - | - | - |
花粉症。
 女の子と出会った。
 彼女はマスクをしていた。
 僕はあまり気にせずに、ふつうに会話をしていた。でも、会話は全然盛り上がらなかった。僕も、彼女も、お互いがお互いに何の関心もいただいていないことは明白だった。
 僕は席を立って、どこかへ行きたかった。でも、どうしても僕は、もうしばらくの間、そこにいなくてはいけなかった。僕は途方に暮れた。

 彼女が突然云った。はじめて自分から口を開いた。
「ねぇ、あなたは私のマスクが気にならない?」
「いや、全然」本当に気にならなかったから、そう云った。
「不思議ね、私に会った人はみんな、マスクについて話すのに……」
「この季節だもん、花粉症でしょ? 大丈夫?」
 それを受けても、彼女は何も云わず、窓の外を見ていた。
 そして、口を開き、云った。
「私は一年中、これをつけているわ。だから、花粉症じゃないの」
 そう云いながら、マスクに手をかけ、それを取った。マスクを取った彼女は……。
【2005.03.22 Tuesday 21:55】 Author : McStay
| McStay | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.05.29 Wednesday 21:55】 Author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fiveyears.jugem.cc/trackback/216
トラックバック