- from Five Years Party -
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.05.29 Wednesday 】 Author : スポンサードリンク
| - | - | - |
河原
河原が好きです。
暖かい陽気の休日、気がつけば河原に足を運んでいます。河原まではふらふら自転車で。そして川のせせらぎを聞きながらゴロっと横になる。視界には普段は気にかけない青い空。そして本を読んでいたら、知らぬ間にウトウト・・・。

この季節、河原好きの私にとって「のほほん」なシーズンなのであります。あさっては休みの日。はれたら鴨川にでかけよう。





【2007.04.09 Monday 23:52】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
春爛漫
ぽかぽか陽気が続く。そして桜の季節。まさしく春だ。

夜の平野神社にいってきた。桜で有名な神社だ。ライトアップされた夜桜が美しい。しかし、きまぐれな春の天気は突然のスコールをもたらした。稲妻と大雨。夜桜が閃光の色に染まる。なんとも厳かな雰囲気だ。写真に撮りたいと思ったのだかこの一瞬の空気感はなかなか写真では表現することができない。
技術さえあれば写真は本物以上に美しく表現することも出来る。しかし、本当にすばらしい風景に出会ったとき、目で見て感じた以上の風景を表現することは出来ないとつくづく思うのである。

春爛漫を写真で表現したい。どれだけ目で見て感じたものへ近づけることができるか、これが難しい。
【2007.03.31 Saturday 23:18】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
「鉄槌」
1 大形のかなづち。ハンマー。
2 厳しい命令・制裁のたとえ。

私は語彙力がないのか普段「鉄槌」という言葉は使いません。意味もはっきり知りませんでした。

大きなかなづちも見たことがありませんし、そんなに厳しい命令、制裁を受けたこともないです。なんか「鉄槌」という言葉と無縁な世界にいるのが穏やかな生活なような気がします。なまぬるい世界で生活をしているなとも思いますが、これはこれで幸せです。「鉄槌」が自分の目の前にあらわれないように生活していきたいものです。



【2007.03.24 Saturday 11:50】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |


地面に生えている小さい花が好きだ。
手入れされているわけではない。でも力強く生きている。
見つけると、とても気になる。「がんばれ!」






【2007.03.13 Tuesday 15:30】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
まんじゅう
「饅頭」は薄皮に包まれたあんの和菓子ですよね?「大福もち」は「饅頭」と違いますよね?僕の中では同じカテゴリーなんですが。どちらかといえばオモチに包まれている「大福もち」のほうが好きだな。でも「饅頭」も捨てがたい・・・。

そういや、和菓子をいつから食べていないだろう?もともと普段はあまり間食をしないほうですが最近食べた記憶がない。そう、和菓子には「お茶」がやっぱり合う。うん。急須で淹れたお茶もいつから飲んでいないだろう?

「ぽかぽか陽気の休日の午後、優しい光が差し込む縁側に腰掛け、のんびりと饅頭をかじりお茶をすする」ちょっとした憧れです。最近こんな余裕がないな。ゆっくりとお茶をする時間をもたなきゃ。

【2007.03.06 Tuesday 00:00】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
家計簿
「お財布の使い道」いわゆる家計簿をボクは高校生の頃から今(30歳)になるまでずっとつけている。ボクの中では日常生活になくてはならない習慣である。

高校の頃、自分のお小遣(アルバイト代)のやり繰りからはじめた家計簿。使うお金すべてについて記入してきた。そして、使った物と金額の横にはメモも書くようにした。

このメモがミソなのだ。なにか行動を起こすときにはたいていお金が動く。だから「誰々と何処かへ出かけてた」など日記の役割も果たすのだ。お金の計算が出来、日記の役割もはたす。まさに一石二兆だ。

この簡潔な日記を見返すのはとても面白い。日記がデータ化されているのであやふやな記憶がよみがえってくる。抽象的なことではなく事実がたんたんと書かれている。あのころは「こんなことにハマッテいたな」とか「○○ちゃんとばかり遊んでいた」とか。「前に散髪に行ったのはいつだった」とか。そして、パソコンを使うようになってからはエクセルに記録するようになった。これまた便利である。もちろん日記としてではなく本来の家計簿の役割として月ごとの食費の計算などにも活用している。

「お財布の使い道」。これをつけるのはとっても面白い。これからもずっと続けていくと思います。でも、お金に細かい男って嫌われますよね(^^;)
【2007.02.27 Tuesday 00:36】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
電子レンジ
電子レンジって本当に便利です。でも小さい頃、電子レンジの近くには行ったらダメなような気がして・・・。放射能がバシバシ出ているような。理科が苦手な私は今でも原理は分かりませんがとにかく便利です。

今、家にある電子レンジはおばあちゃんが健在だった頃に使っていたもの。95年製とある。もう13年も前の機器だけれどもまだまだ現役。長持ちするもんなんですね。
そうそう、以前、家にあった電子レンジも強かったなぁ。ボクが生まれた頃に買って、大学の時まで使っていた。強いってのは故障しないだけではない。関西大震災があったときあの電子レンジは部屋の端から端まで吹っ飛んだ。落ちたときの衝撃で床がへこんだのを覚えている。でも、つぶれなかった。そして、ガスがなかなか復旧しない日々でお湯を沸かすことから料理あれこれと大活躍だったなぁ。電子レンジさまさまだ。

最近は弁当を温めるために使う電子レンジ。便利だけれでも、ちょっと悲しい。電子レンジたよらないように料理をつくらなきゃ。いや、作ってくれる人がいたらなぁ(^^;)
【2007.02.18 Sunday 23:00】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
デジカメ
私は高校、大学と写真部に在籍していました。と、いうことでカメラについてはちょっとうるさい・・・わけではなく写ればなんでも良いと思っている私。

ずっとフィルムカメラでデジカメとは縁遠かったんです。数年前、以前の仕事の関係でデジカメが必要になり試しに購入しました。それまでデジタルなんかと偏見を持っていたのですが、これまた便利。現像をしなくて良い。そして、写真のデータ管理がらくらく。今や当たり前のことなんですが、あの頃はこの便利さに驚愕したことを思い出します。

でも、デジタルってなにか物足りないんですよね。いつでも写真を消せるから一枚一枚を大切に撮らなくなった。気負わないから良い面もあるけれどシャッターの重みがない気がするなぁ。カメラに限らないけどデジタルは便利さと引き換えに何かが失われている。とか言っても便利なものは便利。やっぱりデジカメで撮ってしまいます。次はデジタル一眼かなぁ。
height="225" alt="" class="pict" />

【2007.02.12 Monday 23:57】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |
太巻き
節分に恵方を向いて無言で太巻きを食べる風習ってのはボクが小さい頃から常識でした。これは全国どこでもやっているものだと思い込んでいたのですが・・・。10年位前に関西以外の人と節分の話になったとき太巻きの話をすると誰も信じてくれませんでした。ええぇ!

これって江戸時代の商人の風習だったみたいで一度はすがたを消していたけれど、大阪の海苔業者が海苔の販売促進のために30年くらい前に復活させたそうな。ボク自身、ずう〜と続いていた風習だと思っていたのだけれど、そんな裏話を聞いたら拍子抜けしてしまいました。

10年前は関西ローカルだったこの風習はコンビニの販売戦略によって今や全国区。こうやって庶民の風習は広まっていくんやなぁ。歴史があるっぽい風習ってのは疑いもなく広まっていく(←販売戦略があるなんて思わなくて)。なんか怖いなぁ・・・「美しい国 日本」
【2007.01.29 Monday 16:57】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(1) |
崖っぷち
今、勤めている会社で訓練をしている。そのあと試験が待っていて、それに落ちると契約の更新はない。まさしく崖っぷちだ。

他のメンバーは血相をかえて頑張っている。ボクも頑張っているつもりなのだが、どうも真剣さがないらしい。いや、自分では頑張っているのだ。

「人生なんとかなるさ」などと甘い気持ちが心のどこかにあるのだろう。今まで、これでなんとかやってこれたからなのか。今回が初めての試練なのかもしれない。そして今までにない努力はしている。

結果はどうなるか。とにかく今は崖に落ちないように気合を入れて歩きます。
【2007.01.23 Tuesday 13:37】 Author : ぐるぐる
| ぐるぐる | comments(0) | trackbacks(0) |